忍者ブログ

希望と無謀の実況中継

7年続けた美容師をひとまず休憩して、 世の中を体感する旅にいざ出発だ!!
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/01 ティファニー&コー]
[01/17 素浪人・岩間]
[01/17 【みそしる】かづき]
[01/03 SHOKO]

2017/09/26
21:43
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/12/24
14:12
632日目


追憶フィEBラ【15】・・・滞在最終日【後編】&FINAL


(追憶 フィリピン【EB】ライフのオープニングはコチラ!)

【14】のつづき。。。


キアポに着いてから早速、カメラを片手に散策開始!

前日(【13】参照)にWill と行ったコモンウェルスマーケットとも、
雰囲気や規模が違く、中心地周辺がマーケットのようになっていた
(イメージとしては、上野のアメ横を更にジャンクにした感じ)

衣類、食料品、生活雑貨etc...

店舗を構えたお店の前に、小さな露店がずらりと並んでいたり、
通りをそれると、違法でコピーされたDVD のお店ばかりになったり、

≪なんでもあり感≫ムンムン としながらも、
日本にあってもおかしくないような大きなショッピングモールなどもあり、

なんとも不思議な香り漂いMAX なキアポ・・・


ってな感じで写真を撮りながら歩いていたら、
なぜか俺を中心にどんどんどんどん 人だかりが・・・!?

なんだなんだ???

追フィラ15・1













って、カメラの方向は俺じゃねぇ~っての・・・笑
(おそらくテレビの取材か生中継)

どうして俺の周りでそうなったのかはさておき、、

わぁわぁぁキャァキャァ~と騒ぎながらみんなが見ているそれは・・・

追フィラ15・2













この何とも鮮やかなシマシマ模様に身を包んだ輩

タガログ語だったので何を言ってるのかはさっぱりだったが、
おそらくこの人は、フィリピンで有名な人なんだろう・・・
(ルックスからいって、バラエティ系or ムツゴロウさん系?)

本当に突然、俺の目の前でのやりとりだったので、
さすがにちょっとビックリだったのだが更に 、、

「そこの何人だかわからないお兄さん!ちょっと触ってみる?」
っ的なことを俺に言ってくるし・・・(マジッ?

結局、現地の人達のアグレッシブな好奇心が勝り、
的は俺からそれ、近くにいた女性が蛇を首に巻くことに・・・
(危うく俺が蛇マフラーのモデルになるところだった)

追フィラ15・3













んん?蛇より俺の方が珍しいのかい??


追フィラ15・4













「乗らないか?」と、いろんな人達に声をかけられるが、
「写真を撮ってあげるからまた今度ね!」と断るのが俺のスタイル

追フィラ15・5













ガラスの奥に写る男性が何か言いたそう・・・

追フィラ15・6













左は下り、右は上りのエスカレーター
(中央は階段なのに、休憩所化してしまっている・・・笑)

追フィラ15・7













~~ん なんとも甘い香り!

追フィラ15・8













裏路地の奥の奥で・・・
(このあとみんなが、集まってきて大変だった・・・笑)
(他にもいっぱい撮ったけど、はしゃいで暴れるから画像ブレブレ)

追フィラ15・9













アイスを食べているところが愛らしかったのでカメラを向けたのに、、
どうやら俺にアイスを盗られると思ったみたいで、
食べるのを止め、股関部に隠し、「あっち行けよ」との目線を・・・
(盗るじゃなくて撮るなのになぁぁ)

追フィラ15・10













最初は恥ずかしがっていたが、
Take 6 くらいでやっと笑顔を見せてくれた店番少年!

追フィラ15・11













とある家族ののほほん昼下がり
(このあと一緒に俺も写った・・・笑)

追フィラ15・12













今まで見た、数10台、数100台の中でも、
ベスト3には入るであろう奇抜なデザインのジプニー

追フィラ15・13













フィリピンで見つけた次のマルコメ候補

追フィラ15・14













この日1番のsmile をくれたトップレス少年 (^_-)-☆


数時間で数100枚の写真を撮りつつ、
ぶらつきながら、いろんな角度でキアポを覗いてみた。。

湿気の多い熱気 の中、
たっぷりと歩いたので集中力が衰退したのと、
空模様が徐々に怪しくなりだしたのでキアポをあとにすることに・・・

追フィラ15・15













たまたま乗ったこのジプニーのドライバーは、
かなりのスピード狂 だったようで、
ブゥンブン と吹かしながら次々に前の車を追い抜きまくってくれた

追フィラ15・16













せっかくなので、運転席をパシャリ。。

追フィラ15・17













隣を走行中のジプニー、、ってか、
フロントライトが1コ消えてますけど・・・
(ま、この辺もフィリピンっぽくて嫌いじゃないけどね!)


ってな感じで最後のジプニーを満喫していたのだが、、

あと10分くらいで到着って辺りで、
またしてもスコールどぶぁぁ。。

しかも、ここ数日の中でも1番ってくらい強烈!

窓のないジプニーだが雨が降ると、
乗車中の客が備え付けの防水?ネットをセットする
(うまくとめれず、ビチョビチョになりながら俺もセットした)

ジプニーを降りてから徒歩3分くらいでEB に着くのだが、
着いた時には川に落ちてしまった少年化現象になっていた


それから、最後の晩餐をし、荷造りへ・・・

。。。。。。
。。。


このあとの内容は、フィリピンから帰国直後に綴った、
442日目:フィリピンLife 終幕 and... へとつながっています


あくまでもベース英語学習とゆうことで訪れたフィリピン

もちろん英語学習の充実度合いもさることながら、
この【追憶フィEBラ】でも綴ったように、自分が求めることで、
先進国では経験することができないたくさんのメリットもあります


フィリピンより帰国して約半年が経過した現在、、
日本国内では英語に触れる機会がほぼゼロなのが現状・・・
(クラブで話かけるか、友人とチャットするくらい)

とはいえ、英語を話せたらいいな!と思う人は多いことでしょう


なかなか時間を作ることは難しいかもしれませんが、
もしあなたがちょっとでもその気持ちがある方であれば、

数日とか1週間とゆう短期間でも、
1度EB に足を運んでみてはいかかでしょうか?

きっと大きな【なにか】を感じることができるはずです


そんなこんなで俺も、来年遅くとも2月にはもう1度EB に行きます
(時期が同じ人がいましたら、EB でお会いましょう!)




追憶 フィリピン【EB】ライフ・・・・・・

拍手

PR

2010/12/22
19:47
630日目


追憶フィEBラ【14】・・・滞在最終日【前編】


【13】のつづき。。。


6/14 月曜日・・・3週間の滞在最終日を迎えた

追フィラ14・1













この日は朝から太陽がギンギラ(2階の喫煙スペース)

沖縄より南に位置するフィリピンは、年中真夏日をバッチリキープ!
(じっとしてても汗が出てくるが、俺は毎朝ホットコーヒー)


朝8時からスタートしていた授業も、、

追フィラ14・2













この日の午前中の4時間で
追フィラ14・3













最後となった・・・

午後からのR先生はこの日は予定があったため金曜日がラストだった
(授業内容の多くは【5】参照)


昼食後、Yukito君とKちゃんと3人でキアポへ>>>

追フィラ14・4













滞在1週目くらいの時、、
授業の合間にT 先生からジプニーの乗り方をレクチャー中に、
ついでに聞いておいたオモシロそうな町の1つがキアポだった

追フィラ14・5













いつもジプニーに乗るときは夕方だったのだが、
昼間のジプニー内は熱気ムンムン物語。。

追フィラ14・6













どうやらこのバスもキアポ行きのようだ
(窓の左下にQUIAPO ってプレートが・・・)

追フィラ14・7













この線路はどこまで続いてんだろう・・・?

ってな感じで外の景色をパシャパシャしてたわけだが、

途中満席御礼だったジプニー内は、

追フィラ14・8













終点であるキアポが近づくにつれ、このようにガラガラ・・・

となったのでノビノビくつろいだ(窓から体を出してみたり・・・笑)

熱風よりの温風と、排気ガスを浴びまくること約30分で、

追フィラ14・9













目的地キアポ到着 (^◇^)!



次回、【15】追憶フィEBラ完結!

拍手

2010/12/12
19:08
620日目


追憶フィEBラ【13】・・・The third weekend 【後編】


【12】のつづき。。。
(The third weekend 【前編】は【11】


ショーンズレッスンのあと、Will と2人でマーケットへ出かけた

【7】(の後半)でM と一緒に行ったマーケット(写真左下)は、
EB から歩いて約10分くらいのところにあるのだが、

追フィラ13・1













更に下るともっと大きなマーケットがあるときいていたので、
そこを目指す>>>

追フィラ13・2













歩道橋の上でも商売ぃぃ商売!

最初はジプニーに乗って行こうと思っていたのだが、
せっかくなので、歩きながら現地の生活感を覗くことにした

追フィラ13・3













滞在中のリアル雑感で綴った438日目の最後の写真はこのとき撮影

追フィラ13・4













遊んでいる所を撮ってたら、
自らこっちに近づいてきてポーズをキメまくってくれた(笑)

追フィラ13・5













仲良し姉弟のカワイイsmile (^◇^)!

追フィラ13・6













あ、、2人じゃなくて、3人兄弟だったんだね
(Will は何度も現地人に間違えられたらしい・・・笑)

追フィラ13・7













「俺のジプニーかっこいいだろっ!」って、
言っているかのようだったので一緒にパシャリ
(デザインしたてっぽかった)

ってな感じで、写真を撮りながら現地の人と交流していたら、
気づいたときにはマーケットに着いていた

追フィラ13・8













メインゲートではなかったが、
この辺もなんだかアングラ感があってオモシロそぉぉ!
(ってか、現地の人しかいなかった・・・)

ブログ13・9













おっ!?オープンバーバーだ (^o^)丿
(この通りにはほかにも2,3件あった)

この辺で、古着屋的な店に立ち寄ったのだが、
ピンクの短パンを50ペソ(100円)で購入

追フィラ13・10













マーケットから道をそれ、
この辺に住む人たちを撮ったり交流したり・・・

追フィラ13・11













せっかくなのでどんどん奥の方へ行って、たくさん写真を撮った

この数時間で200枚以上の写真を撮ったのだが、
充電していなかったので途中でバッテリーが切れてしまう・・・

しかも、今にもスコールが降ってきそうな雲行き
(遠くの方でこもった雷の音がゴロゴロ)

ってことで、メインのマーケットの方へ移動>>>

食品だけでなく、衣類、生活雑貨・・・
商品になるのか?と思うものまでいろんな物が売られていた

タガログ語とはまた違った言葉を話す人も多かった
(ぶっちゃけ治安は良くなさそうな雰囲気)

だったが、20ペソ(40円)のアロハシャツを購入した


帰ろうと思ったときもまだ雨は降っていなかったので、
涼しくなってきたから歩いて帰ろうと思っていたのだが、

途中でドバァァ っとスコールがきたので急遽ジプニーで帰。。


次の日Will が、授業中にこの日のことを先生に話したら、
「良く無事だったね」的なことを言われたらしい・・・

確かに売られている物の値段は、
フィリピン価格の中でも更に安かったしなぁ・・・
(みんな着ている服とかボロボロだったし)

マニラの中でも、貧富の差が目に見えてあることを実感するのだった




追憶フィEBラ【14】へつづく。。。

拍手

2010/12/09
16:39
617日目


追憶フィEBラ【12】・・・ショーンズ・レッスン


【11】のつづき。。。
(The third weekend 【後編】は【13】にて・・・)


フィリピン滞在最後の日曜日(6/13)

この日は久しぶりに朝から凄くイイ天気だったので、
Will と2人で近所を1時間くらいゆっくりとぶらり。。

通りすがりにすれ違った人や、
上半身裸で洗車するおじさんや、
2階で洗濯物を干している若奥さんに、

Magandan umaga (マガンダンウマーガ)

と、タガログ語のおはよう!と挨拶をして交流したり、、

追フィラ12・1













こんな感じで写真を撮ったり ゆるぅ~り と。。


散歩から帰ってきてからは、必死にDuo の暗記
(Duo =デュオについては後半で!)


追フィラ12・2













日曜日だけど、しっかりと休むことなく昼食の準備!
(ってか毎日3食出るけど、休日ってあんのかな?)

。。。。。。
。。。


ってそうそう、今回のテーマは【ショーンズレッスン】
(以下、SL =ショーンズレッスン)

以前から何度もふれようと思っていたのだが、
授業中の風景を撮影したのがこの日(6/13)だけだったので、
あえて今回まで引っ張ってしまいました

ちなみに、俺がEB に来て最初に受けた授業はこのSL だ

現在はどうかわからないが俺が滞在中は、
曜、曜の夜と、曜の昼にSL は行われていた
(EB着が水曜から木曜になったばかりの夜中【2】
(実際の授業は金曜からスタートだった【4】

SL とはその名の通り、ショーンさんによる(無料)授業だ!

追フィラ12・3













(俺にとってはこの時のSL が最後となった)

さて、そのSL はどのような授業なのかと言うと・・・

追フィラ12・4













この写真だと分かりづらいかもだが、
実はみんな、PC で流れているやりとりを見聞きしている

そのやりとりの内容は、いわゆる、
リポーターがいろいろな場所でインタビューをしているところ

英語圏でTV をつけたらニュースなんかで出てきそうな内容だ


その1つ1つのフレーズを、1回1回止めながら、
「今何って言った?」みたいな感じで答えていくのがSL のスタイル


実際の授業と違って、
リアルネイティブスピーカーの会話の聞き取り
となるので、これが結構ムズイ
(一般人だから発音がみんなそれぞれバラバラ)


ってか、この時、文法の大切さを感じた・・・

っとゆうのも、
外国人仲間と交流するたびなんとなく会話はしてきたわけだが、
会話とゆうより、お互いの気持ちの伝え合いレベルだった・・・

とはいえ、
なんとなく音として聞こえてきた言葉を相手の雰囲気から想像して、
コミュニケーションとしては成立してきた

だが、
実際に「何と言ったか?」と聞かれ正しく文に書き出してみると、
(聞いて文に起こす=ディクテーション)
簡単そうな内容も意外と聞き取れていなかったりするのだ

ってゆーか、ネイティブはそもそもほぼ言ってなかったりする
(正確に言えば、言っているけどかなり略されている)

主語など、当たり前すぎる内容は言葉がつながっているため、
文法を理解していないと聞こえないのだ
(ってか、聞きなれていないと、文法を理解していても聞こえない)
(同じ音だったとしても、聞こえた内容ではなかったりもする)

日本語でもあるように、
世代の違いやなまりとか流行りの発音やイントネーションetc...

っと、こういったネイティブスピーカーたちの
リアルな会話の聞き取りのコツだったりポイントを学ぶ場が、
このショーンズレッスンだと俺は思っている

追フィラ12・5













ってな感じで約1時間、
ショーンさんのアツイ魂のこもったリズムで行われるのだ!

俺は計7回受けたが、かなり参考になったと思っている

EB に行く予定のある方は、是非トライを・・・(^_-)-☆

。。。。。。
。。。


そんで、SL が終わったあとにいつも俺はDuo のテスト

そのDuo とはいわゆる、
現代英語の必須単語1000語と熟語600を
重複なしで377本の例文に凝縮されたフレーズ本だ

それを、毎回20フレーズの範囲の中から4問出題
(つまり、2日で20フレーズ暗記しないといけないってわけ・・・)

SL の後にDuo のテストをやっていたのはK ちゃんだけだったが、
Duo 本を買ったので、せっかくだからと俺も参加していた・・・

追フィラ12・6













結局、、全問正解したことは1度もなかったが・・・

英語のパターンや語彙力がつくと思うので、
今後時間をつくって、自分でDuo 学習をするつもりだ
(つもりってか、やらないとだ・・・)




追憶フィEBラ【13】へつづく。。。

拍手

2010/12/06
15:28
614日目


追憶フィEBラ【11】・・・The third weekend 【前編】


【10】のつづき。。。


あれよあれよと滞在最後の金曜の夜がやってきた

夕方から毎度の如くスコールどぶぁぁぁぁ だったが、

みんなで出かけようとしていた時間にはすっかり止んでいた

追フィラ11・1













俺の最後の週末Will とUsuke 君の最初の週末
(Usuke 君は1週間の滞在だったから最初で最後だが)

Yukito 君、パーティーガールのS ちゃん&N 先生
との6人で、タクシーに乗りクラブへ>>>
(男が4人いたので、さすがにこの時は2台で)

追フィラ11・2













到着直後、乾杯前に集合パシャリ!

最初にここに来た時は(【6】参照)
まだフィリピンライフ2日目だったけど、
あれからもう半月が過ぎたんだなぁ・・・

ってな気分に浸りながら、みんなで盛り上がる!

早い時間から(21時過ぎ)の入りだったので、
珍しくほぼ貸し切り状態 (^_^)v

追フィラ11・3













覚えたての英語で、必死にN 先生とトークするWill!
(Will については、537日目で簡単に解説してます)

どうやらWill は、酒の回りが早いようで、

追フィラ11・4













関西人の血が燃え上がったのか(大阪の堺出身)、
独特の【Will節】がヒートアップしてみんな大爆笑 (^○^)

追フィラ11・5













ってなノリノリ な感じでは始まった


時間の経過に比例して少しずつ現地のお客さん達も入り始める。。

まだ誰も踊ってないフロアで、
酔っ払ったWill とUsuke 君とN 先生が踊りだす (^◇^)!

するとその勢いにつられ、徐々にフロアーに人が集まり出し、、

追フィラ11・6













踊るとゆうよりどんちゃん騒ぎ化 \(◎o◎)/!

追フィラ11・7













一緒に騒ぎながらいろんな人達と仲良くなった

追フィラ11・8













ガッツリ と酒を飲み、たっぷり と汗をかいた!
(日曜~木曜は、お酒は控えめにしてた)

『ちょっと忙しくて行けないかも・・・』

と言っていたが、、

追フィラ11・9













無理して駆けつけてくれたEB オーナーのショーンさん!
(もう1つのミニフロアで、到着後速攻でソロダンス開始!)


ってな感じで、

俺のフィリピン滞在最後のクラブは、、

追フィラ11・10














終始みんなで盛り上がったのだった (^_-)-☆




追憶フィEB ラ【12】へつづく。。。

拍手

2010/11/27
12:55
605日目


追憶フィEBラ【10】・・・EB の縁の下


【9】のつづき。。。


「腹が減っては戦も英会話もできぬ・・・」ってことで、

美味しいごはんを毎日食!
提供してくれるこの2人の存在を忘れてはいけない

追フィラ10・1













(洗濯もほぼ毎日のようにしてくれる)

2人とも英語はそれなりにできるのだが、
せっかくなので俺は、「ありがとう」とか「おいしい」など、
ちょっとしたフレーズはタガログ語で言うようにしていた

授業の合間に、T 先生にもちょっと教えてもらったりして、
「お腹がいっぱいになりました」とか、覚えたのを忘れないように、
何度も繰り返して口にしながら、毎回の食前食後を楽しんでいた


のだが、6/10(木)の夕方に、
リガヤ(写左)が少し長めの休暇のためEB を離れることになってしまう

戻ってくるのが 6/15(火)の午前中とゆうことなのだが、
ちょうど俺の帰国日で時間も確実にすれ違う(俺は早朝の便だった)

ので、滞在中リガヤの料理は6/10 のランチが最後となった。。

出発する時間が、ちょうど俺の授業のない時間だったので、

「いつも美味しい食事をありがとう!」
「また来るからそのときはよろしくね」「旅行楽しんできてね」etc...

追フィラ10・2













しっかりと別れの挨拶をして、リガヤを見送った・・・


それからは、今まで2人でやっていたのを、
全部マリセルが1人でこなしていた!(まだ若いのにスゴイ!)

追フィラ10・3













そのがんばりのおかげで、
こうやってみんなで食事をすることができるってわけだ・・・

追フィラ10・4













最初は大丈夫なのかなぁ~と思っていたけど、
お味の方もバッチリだったね!(もうお嫁にイケるぞ!)

追フィラ10・5













この時のマイブームは、
T 先生にもらったカラマンシー(フィリピンレモン)
の汁とぬるま湯を混ぜて、食後に飲むことだった


たっぷりとメシをくい、ビタミンもとり、そんで英語の勉強・・・
(たまにYoukito 君やWill とボーイズトークしたり)

こうやって縁の下で支えてくれているスタッフのおかげで、
生徒は英語学習に集中できるってゆうわけなんですねぇ~ (^_-)-☆




追憶フィEBラ【11】につづく。。。

拍手