忍者ブログ

希望と無謀の実況中継

7年続けた美容師をひとまず休憩して、 世の中を体感する旅にいざ出発だ!!
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[03/01 ティファニー&コー]
[01/17 素浪人・岩間]
[01/17 【みそしる】かづき]
[01/03 SHOKO]

2017/05/23
04:25
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/10/17
16:32
200日目


Camp in 朝霧JAM 



195日目のつづき。。。


渋谷でタムと合流し、タクシーで新宿のバス乗り場まで>>>
到着後、まだ7時前だというのに既に長蛇の列が・・・

睡魔子ちゃんのお色気に耐えながら、ぼ~ っとした状態のまま2,30分列に並ぶ

バスに乗ってからは睡魔子ちゃんのいいなりだった(笑)

トイレ休憩で1度起きたが、気がつけばもう・・・

あぎ1













うわぁぁぁ!!
既にテントがあちこちにあんじゃん(バスの中から)

タムのテンションは一気に爆発していた(笑)

あぎ2













到着直後の雲行きは怪しかったが、少しずつが覗き始めていた
(富士山はしばらく雲の中でかくれんぼ)
この時11時頃だったのだが、テント設置OKゾーンの前列はご覧のとおり(満)

しばらく歩き、場所確保&テント張り>>>

あぎ3













ビールを飲みながら、ココをこうしてああして・・・
(ちなみに、タムはエビスを24缶持参・・・重かった~)

設置後、しばらく日光とビールをあびる(笑)

徐々に気温も上がり、半袖1枚でもほど良くなっていた14時頃から、、

あぎ4













1発目のアーティストが歌いだす

音はスカ系で、まわりの人達は大盛り上がり&大暴れ(タムも)
俺は普段スカは聴かないけど、まわりのノリを見ながら楽しんだ(笑)

ステージは2つあって、1アーティスト50分で続いて行く(途中40分準備)

ひとまずテントに戻り、再度ガソリンを注入(笑)
たくさんあったスペースも、歩くのが大変なくらいテントだらけになっていた(マジで)

あぎ5













俺らの前にテントを張っていたジェイソンと仲良くなる(家族4人できてた)
チョーキュートなアリーシャ(娘)は恥ずかしがって目も合わせてくれなかった

そうそう、、
このイベントの素晴らしいとこは、キッズゾーンもちゃんとあることだ

パパママが、音楽で盛り上がってる時、子供たちはそこでお遊び

食事処もたくさんあるし、大自然の中キャンプをしながら音楽と酒に酔う。。。
ってだけじゃない所がにくいッスね~

あぎ6













おおっ!?ちょっと富士山見えてきた~(笑)

。。。。。。

気がつくと日も暮れ、18:40
ジェイソンが1番楽しみと言っていたアーティストの登場
あぎ7













ってゆーか、チョーカッコイイ しっ!!
ドラムと管楽器だけで構成された彼等の音楽は
Hip Hopのグルーブなども取り入れたファンク系で、
一瞬にして俺もHYPNOTIC BRASS ENSEMBLE の虜になった
(興味のある方はYou Tube でチェックしてみてね)

日が落ちて一気に冷え込んでいた空気だったが、彼等の音で俺の体温も上昇

その後、1人で別のステージへ>>>

あぎ8あぎ9







バンドだけじゃなく、DJ のプレイも行われていた
IDJUT BOYS という名の彼等の選曲やmix は、かなりの俺好みで大興奮だった

とにかくたくさんの人・人・人で、タムを見つけるのは不可能と判断し、1人テントへ
(テントの数もチョー多くて、暗闇の中、発見するのに苦戦した)

山の天気は変わりやすいとはよくいいますが、、

昼夜の気温差は半端ないッス・・・
あまりにも寒すぎて、
ロンT・フリース・スノボーのウエアーを装備のまま寝袋にくるまってzzz。。

zzzzzzzzz。。。

がさがさ、、ってゆう音で目がさめる・・・

ご来光みに行くよ(・・・とタム)

寝ぼけながらだったが、テントを出た瞬間に目がさめた(チョーさみぃぃ

あぎ10













この時まだ6時前

冷えきった空気の中飲むHOTコーヒーがたまらなくうまかった

体も温まり、澄んだ空気を堪能する余裕も生まれ始める・・・

あぎ11













少しずつ、人足も増えてきた。。。

ここからはみなさんにも、空と太陽と富士山のコラボレーションを楽しんで頂きたい

あぎ12













太陽が昇るにつれ・・・

あぎ13













朝焼けの広がりが言葉を奪う

あぎ14













偉大な富士山を前に、太陽もなかなか顔をだせずにいるようだ

あぎ14













が、、太陽の輝きは富士山の偉大さの比ではなく

あぎ16













遂に均衡は破られ

あぎ17













ブリリアントな感動を見る者に浴びせてくれるのだった
(ちょっと雲が多かったけど・・・)


俺のblog には夕陽が多く、ヨーロッパにいる時に、
「朝日もいいものですよ」と、ご来光好きな母親からたまにメールがきていた

8月にバルセロナとイビサで
9月はバリに向かう前の電車の中から
そして今回10月は富士山を見ながら・・・

11月は、ちゃんと起きれるかが心配だ(笑)


満足感をかみしめながらテントへ>>>
あぎ18













ね、、すごい数でしょ・・・(テント畑だ!)

さっきの冷え込みがウソのように、太陽の上昇と並行して気温も上がる

太陽の存在の大きさを肌で感じながら・・・

あぎ19













富士山に負けじと、俺も空と太陽とコラボする(笑)

あぎ20













もう一丁っ!!

ぽかぽか加減がほどよく、眠気MAaaaaX 。。。

しばし爆睡した後、洗手間(by台北空港)へ>>>
(トイレ、水道の場所までが遠い・・・)

歯磨きしながら行ったのだが、水道でチョー並んでるし・・・
しかも、もうすぐ俺の番って時で水が出なくなり、1からまた並び直し・・・
今まで生きてきた中で、確実に1番長く歯を磨いた日だったに違いない(笑)

あぎ21













この日は最高に気持ちのイイ快晴で、富士山もバッチリ見えた

あぎ22













あ、ジェイソンだ!モーニィィン!!
アリーシャ、ちょっと慣れてきたかな?

テントに戻り、またガソリンを・・・(笑)
ビールは既に無くなっていたので、焼酎をぐびぐび

半袖でも汗がでてくるほど日差しの強かったこの日

気持ちがイイな~・・・っていつの間にかまた爆睡していた(あははぁぁ)

流れてくる音楽で目がさめ、見に行く>>>
(この時、既に顔がヒリヒリしていた&現在顔がボロボロとまた脱皮中

あぎ23













やわらかなアコースティックな音を聴きながら風を感じた

しかしトイレちけぇ~なぁぁ(飲みます、飲んでます)

テントへ戻ると、、
あぎ24













タムとジェレミー(ジェイソンのせがれ君)がじゃれていた(笑)

おぉぉ!!遂に心を開いてくれたか~

その後、ターゲットとなる俺・・・

あぎ25













意外と力強いのね・・・

あぎ26













どぉりゃぁぁぁ!!

あぎ27













いててっ、アリーシャ、、あんまつねんないで・・・
(キャハハじゃないよ、、かわいいから許しちゃうけど)

ってな楽しい(ちょっと痛い)ひとときもアッとゆう間に過ぎて行き、
そろそろテント解体作業へ>>>

あぎ27













ご来光から見ていただけに、太陽の位置の変化がハッキリと分かった
(ちゃんと地球は回ってんだねぇ~)

あぎ29













だいぶテントの数が減ってきた・・・

ゴミを捨て、荷造りも終わり、16:30~

あぎ30













俺が唯一知っていたSPECIAL OTHERS の音で盛り上がる!!
(以前、お客様のT さんからCDを貸して頂いたので知ってた)

終了後、帰る予定だったがバスを待つ長蛇の列を見た瞬間、戦意喪失。。。

別のステージへ移動し、ゆるいDub サウンドで踊りまくる(チョー汗かいた)


そんなこんなで、無事バスに乗り込み、東京へ>>>

込んでいて行きよりも1時間以上オーバーで新宿に着いたのが24時頃


渋谷に移動し、そばを食いまくり、帰ろうと思っていたのだが、
だるくなっていたタムのスイッチが誤作動し、、

結局そのまま居酒屋へ移動し、4時過ぎまで返り(帰り)・・・

まぁ、、タムも夏休みなく働いて、このイベントをチョー楽しみにしていたから、
現実に戻りたくないという憂鬱感もあったのだろう


しっか~し、この数日、だいぶ飲んだなぁぁぁ~・・・


富士山は、飲ませ上手でもあったようだ(笑)




Ciao




拍手

PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら